大人ニキビの薬、副作用は?

大人ニキビの治療をする際、薬を使う事が多いと思うのですが、副作用や、逆に悪化させてしまったら、という事を考える方も少なくないと思います。今回は、大人ニキビの薬についての安全性や注意したい事についてご紹介させていただきます。

●考えられる副作用

飲み薬でも塗り薬でも、薬を使う際は何か副作用があるかもしれない、と考える方は多いと思います。では、大人ニキビの治療薬にはどんな副作用が考えられるのでしょうか。副作用が出た、という話が多い有名な物が、ディフェリン・ゲルという薬です。ディフェリン・ゲルを使用した際、肌が赤くなったりひりひり痛んだりする、という症状が出ます。これは使用された方のほとんどが発症される物ですが、悪い物ではありません。むしろ、治療していく中で必要な症状だとされています。薬を使った事で表れる症状なので副作用という言い方になりますが、決して悪い物では無く、大人ニキビの改善が確実に行われているというサインなのです。ディフェリン・ゲルの様な特殊な副作用が出る場合もありますが、ほとんどの薬は副作用が出ると思って使用した方が良いでしょう。

●市販薬と処方薬の違い

市販の薬はドラッグストアなどで誰にでも購入出来る物になっています。そのため、特別強い作用をもたらす訳では無いので、市販薬を使ってみたけど全然改善しない、という感想を持つ方も多くいらっしゃいます。市販薬は、言ってしまえば「その症状を持つ人全般に向け処方された薬」という物です。一方、処方薬はその名の通り医師の診察を元に処方される薬なので、「診察を受けた方のためだけに処方された薬」という事になります。赤ニキビで炎症を起こしていると言っても、症状は人それぞれありますので、殺菌が必要かどうか、強めの塗り薬を出すべきかどうかといった、その人にあった薬を処方される事になります。そのため処方薬は市販薬よりも効果を実感出来る事が多くなっています。

●「海外製の大人ニキビ薬」について

大人ニキビに良く効く、という口コミの多い製品は、海外で作られた物が多いです。口コミの内容は、即効性があるとか、すぐに治す事が出来た、という風な、大人ニキビに悩んでいる方であればすぐに使いたいと思う物が多いです。ですが、すぐに効く、という点には慎重になった方が良いでしょう。日本製の物にも言える事ですが、即効性のある薬には成分が強い物が多いです。加えて、海外製の物であれば当然、海外の方の肌に向けて作られた物になっています。日本人は海外の方よりも肌が弱いと言われている人種ですので、海外製の薬を使った場合、薬の効き目が強すぎて副作用が出てしまう可能性があります。ですので、海外製品を使用する場合、安易に即効性だけに目を向けずに、自分の肌が薬の効き目に耐えられるかどうかを考える必要が出てきます。

 

大人ニキビに効果があるのはメルラインです!

大人ニキビの治療薬について

大人ニキビは治りづらいので、知らず知らずのうちに悪化させてしまう事も少なくありません。そういった場合は治療薬を使う事をお勧めします。処方薬や市販薬の他にも様々な種類があるのですが、ここでは手軽に手に入れる事が出来る物について説明させていただきます。

●治療薬とスキンケアの違い

ニキビには色々な種類があり、色によって分けられる事が出来ます。もし、赤いニキビが出来ていたら、それは炎症を起こしているニキビです。その前の段階のニキビであればスキンケアで改善する事が出来ますが、赤ニキビを改善させるにはまず、治療薬を使う事をお勧めします。無理にスキンケアで治そうとすると、かえって炎症が悪化してしまいます。治療薬を使い炎症が収まったら、普段のスキンケアを見直していきましょう。ここで注意する事は、スキンケアは治療薬とは違い、すぐに効き目が出る物では無いという事です。治療薬は一時的に、最悪な状態になった肌を少しだけ元の状態まで戻してくれる物で、対してスキンケアは、漢方薬のように緩やかに効果を発揮していく物なので、治療薬のようにすぐに効果が出ないからと言って中断しないようにしましょう。

●治療薬には色々な種類がある

大人ニキビの治療薬には、皮膚科で処方される処方薬や、ドラッグストア等で販売されている市販の薬などがあります。体の内側から改善させる、といったような漢方薬もありますが、炎症を治すという目的であれば塗り薬が一般的です。大人ニキビ用の治療薬、というとわかりにくいかもしれませんが、比較的手に入れやすいオロナインH軟膏は、大人ニキビの治療にも使えます。勿論他の皮膚疾患にも使う事が出来ますが、軟膏なのでかなりベタつきます。使う時は薄く伸ばして使いましょう。また、ハーブオイルを使用する場合もあります。その中でも、ティーツリーオイルは優れた殺菌効果を持っています。大人ニキビの治療薬よりも、虫除けの用途で使われる事が多いかもしれません。ハーブは副作用の心配が要らない事がメリットとして挙げられます。使う時は、オイルを含ませた綿棒を使って塗りましょう。

●治療薬だけに頼らない!

炎症を起こした大人ニキビを発見した場合は、すぐに治療薬を使う事で早く治す事が出来ますので、炎症が起きたら積極的に使いましょう。ですが、大人ニキビを見つける度に治療薬を使う、という事では、根本的な解決は出来ません。改善させるためには、日頃の生活習慣やスキンケアに気を配る事が重要になってきます。そうする事で大人ニキビが出来ない肌を手に入れる事が出来るだけでなく、生活習慣が正されるので健康的な生活を送れるようになります。更に、バランスの良い食事を摂る事で便秘が改善され、便通が改善される事で腸が綺麗になり、肌の状態も改善され、大人ニキビが出来ない強い肌になります。このように、大人ニキビの対策をする事は、体にとっても良い事ばかりなのです。

大人ニキビを防ぐには、ベタつきを抑える前に保湿から!

ニキビが出来た時にはまず、ベタつきを解消する事ばかり考えてしまいがちですが、大人ニキビは乾燥が原因で出来る事が多いので、ベタつきばかり気にしていると誤った対策を取る事になるかもしれません。大人ニキビを防ぐには、保湿する事が何よりも重要になってきます。

●ニキビ予防=ベタつきを抑える?

ニキビ=脂分が原因、と考えると、ベタつきを抑えるのが一番だと思うかもしれません。では、何故肌がベタついているのか考えた事はありますか?ベタつきの原因を予防しないと、一度はニキビが治っても、再びニキビが出来てしまう可能性が高いです。根本的に改善するために、まずはベタつきの原因からつきとめましょう。大人ニキビの場合、ベタつきの原因は肌の乾燥が原因の事が多いです。一口に乾燥と言っても、保湿が足りなかった、紫外線を浴びすぎた、という風に様々な理由が挙げられますが、一つ一つ見直し改善していく事が、大人ニキビの予防に繋がります。大人ニキビは一度出来てしまうと中々治らないので、なるべくニキビが出来ないように対処する事が重要になります。

●毛穴が詰まる原因は脂分だけでは無い

大人ニキビが出来る時の毛穴が詰まる原因は、脂分が多いというだけでは無く、水分が不足している事も大きな影響を与えます。脂分だけに注目した場合、脂質の多い食事は摂らないようにする、脂分の少ない化粧品を使う、といった予防法が思い浮かぶかと思います。しかし、水分不足という事も考えると、水分を蒸発させないように閉じ込めるための、適度な脂分が必要になってくる事がおわかり頂けるかと思います。毛穴を詰まらせないためには、肌を柔らかく保つ事が重要です。そのためには適度な脂分が必要になってきますので、食事にしろ化粧品にしろ、極端に脂分を避けないようにしましょう。

●大人ニキビの予防には保湿が重要

思春期ニキビは皮脂を抑える事が重要になりますが、大人ニキビについては保湿が何よりも大切になってきます。大人になると皮脂の量は落ち着いてくるものなのですが、それでも肌がベタついている、という事であれば、肌が乾燥している状態だと言えます。ですので、保湿を十分に行えばベタつきは自然と収まります。一年を通して乾燥しやすい時期、そうでも無い時期があります。冬場は特に乾燥しやすいので、保湿には気を遣いましょう。保湿をする事で脂分と水分のバランスが良くなり、大人ニキビを予防する事が出来ます。

 

大人ニキビに関するサイトならこちら↓

大人ニキビ 対策法

大人ニキビを防ぐ3つのポイント

大人ニキビは様々な事が原因で出来る物なので、全てに気を付けてケアを行う事は難しいです。たくさんの注意点から、今回は3つに絞った予防法をご紹介します。

●水分補給はしっかり!

大人ニキビの一番のは乾燥です。そのため、しっかりと水分補給をする事で、皮脂の分泌を抑える事が出来ます。肌の保湿をする際は、普段使っている保湿用の化粧水を使う前に、拭き取り用の化粧水を使用する事で効果が高まります。保湿の際は気になる部分に重ねづけをしたり、コットンパックをしてみたりと、丁寧に水分を浸透させるよう心がけましょう。最初から化粧水がたっぷりと染み込んでいるシートマスクなどを使用すれば、手軽にしっかりと保湿出来るのでお勧めです。また、肌の表面だけでなく、体の中の水分も重要です。喉が乾く前に、こまめに水分補給する事で大人ニキビの対策が出来ます。

●適度な油分で肌を強く!

皮脂はニキビの原因だと嫌われがちですが、肌の外側を覆う皮脂は、外の刺激から肌を守ったり、肌が乾燥するのを防いだりと、重要な役割を持っています。適度な皮脂量を保つ事が出来れば、乾燥せず、刺激に強い肌を手に入れる事が出来ますが、皮脂の量がおかしくなり、バリア機能が正常に働かなくなると、刺激に弱くなり、肌が乾燥して大人ニキビが出来てしまいます。適度な油分がある状態を保つ事は、大人ニキビ以外の肌トラブルからも肌を守ってくれるので、とても重要になってきます。ですので、ニキビの原因になるからと目の敵にせず、適度な油分のある肌を保ちましょう。

●美容成分で柔らかな肌へ!

コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなどの美容成分は、歳を取るにつれ減少してしまう事が多いのですが、肌の状態を良くするために重要な成分です。コラーゲンはゼラチンで比較的馴染み深い成分だと思いますが、これは肌のハリを保つために重要になってきます。ヒアルロン酸は肌の水分を保つ効果があり、乾燥を防ぎます。セラミドもヒアルロン酸と同じく、保湿効果に優れた成分となっています。これらは、いずれも美容液に含まれている事が多いので、化粧水で保湿した後に美容液を使う事で、これらの成分を補給し、効果を高める事が出来ます。こうした成分を意識して肌に与える事で硬い肌から柔らかい肌へと改善させる事が出来ますので、大人ニキビの対策を取る時には重要になってきます。

大人ニキビと思春期ニキビの違い

思春期にニキビに悩んできた方は多いかと思いますが、大人になってからもニキビに悩まされている、という方も少なくありません。
何故大人ニキビが出来てしまうのか原因を知り、ニキビの無い綺麗な肌を目指していきましょう。

●ニキビは毛穴の詰まりが原因で出来る

思春期ニキビも大人ニキビも毛穴が詰まる事が原因で出来ます。何らかの要因により肌が硬く厚くなると毛穴を塞いでしまい、行き場を失った皮脂を養分にアクネ菌が繁殖する事でニキビが出来ます。思春期の頃はただ単に皮脂が増えたからニキビが出来る、という訳では無く、増加した量に対し毛穴の大きさが小さいために毛穴が詰まる事が原因になります。そのため、思春期でもニキビが出来ていない方はいらっしゃいます。ニキビが出来やすい人と出来にくい人の差は、皮脂との付き合い方にあるのかもしれません。思春期ニキビは成長による物なので仕方のない面もありますが、大人ニキビの場合は普段の生活の中で、自分から原因を作ってしまっている事がほとんどです。生活習慣を振り返れば、いくつかの原因が絡み合ってニキビが出来ている事がわかるかもしれません。

●大人ニキビの原因はたくさん

大人ニキビの原因は一口にこれ、と断定出来るものではありません。代表的な物としては、過度なストレス、睡眠不足、化粧品によるダメージ、肌の乾燥、食生活、ホルモンバランスなどが挙げられます。これらは全て、毛穴を詰まらせる原因となり得るのです。過度なストレスが蓄積されていくと、自律神経が休まらずにホルモンバランスが乱れてしまいます。それにより男性ホルモンが増え、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。肌が乾燥すると角質が硬く厚くなり、毛穴を塞いでしまうだけでなく、皮脂の分泌量も増えてしまいます。そのため普段よりも毛穴が詰まりやすくなり、ニキビが出来やすくなるのです。大人になると色々と頑張らないといけない場面が増えますが、それらの頑張りによる疲れがニキビとして表れてしまいます。ニキビが出来る原因は少し複雑ですが、日々の生活を省みて、一つ一つ原因となり得る物を潰していきましょう。

●ニキビの原因によって手入れも変化

思春期ニキビの場合は、皮脂の量を抑えるケアを中心に行いましょう。ニキビの状態が、白ニキビや黒ニキビのような炎症を起こしていないニキビであれば、しっかりと洗顔を行い、肌の油分を適切な量に整えながら清潔に保つ事で改善する事が出来ます。ですが、大人ニキビの場合は原因が違いますので、ただ洗顔をすれば良いという訳ではありません。むしろ過度な洗顔はニキビを悪化させてしまう事もあります。大人ニキビの原因は乾燥が一番多いので、洗顔よりも保湿に重点を置きましょう。ただ肌に保湿クリームを塗るだけでは無く、体の内側の水分も重要になってきますので、水分補給もしっかりと行いましょう。そうする事で、大人ニキビを改善させる事が出来ます。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !